女性の加齢による体臭対策

レディ

普段からのケアが大切です

誤送信されたメールの中に自分の話題をみつけてしまったことはありますか。それが自分の臭いに対することと知り、コンプレックスの原因になっていませんか。その臭いは加齢臭が原因かもしれません。女性も30代を迎えると、女性ホルモンの減少が始まります。それと共にホルモンバランスの異常から、女性でも加齢臭が出てくるのです。加齢臭の原因は、皮脂腺から分泌された脂質ノネナールが、脂肪酸パルミトオレイン酸と反応することによって発生します。この脂肪酸は中年以降になって出て来る物質で、若い頃はでません。その臭いは、使い古した油の臭いと例えられる独特の臭いです。他人に不快感を与えるだけでなく、自分が感じたときにも嫌な気持ちになりますね。気をつけなくてはいけないのは、いつそれが臭い始めるのかわからないことです。さらには男性と違い、女性は年齢を重ねていくと加齢臭が強くなっていくのです。本人でも自覚できませんから、普段からの臭いの原因と対策を考える必要があるのです。ではどうすればいいのでしょうか。普通に清潔にしていても臭いはでるのですから、加齢臭専用の消臭ケアがいります。対策としてはこれらの臭いのでる3つのゾーンをケアします。場所は頭皮と顔から首、上半身です。この3つの箇所には、それぞれ適した専用のケアを行う必要があります。女性用の加齢臭対策シャンプーやボディーソープ、ケア用の保湿剤がそれです。加齢臭は年齢を重ねれば男女問わず発生します。適切な方法でケアをしていけば、周囲に嫌な印象を与えることは防げます。早期の臭い対策でコンプレックスを解消し、いきいきとした毎日をおくりたいものですね。

Copyright© 2018 バスト悩みを解消!ナイトブラの高い効果を実感しよう All Rights Reserved.